あんなか動物病院

動物病院 長野県長野市 ペットホテル トリミング

各種予防
HOME >  各種予防  > 避妊・去勢手術について

避妊・去勢手術について

避妊手術

当院では卵巣子宮全摘出を行っております。
生後5~6カ月齢以降から手術を受けられます。
入院期間は、1泊2日です。完全予約制です。
避妊手術の流れ
①予約を入れていただきます。(手術実施曜日:月・火・金・土)
②(前日)夜ごはんは普通にあげていただいて結構です。
 ただ、22時以降残っているようなら下げてください。お水は置いておいていただいて結構です。
③(当日)朝ごはんは与えないでください。お水も8時頃になったら下げてください。
④10~11時に来院していただきお預かりいたします。
⑤血液検査(任意)を行います。
⑥12時頃手術開始。犬・猫ともにだいたい30分~1時間位の手術です。
⑦ケージ内で麻酔から覚醒、入院となります。
⑧(翌日)午前中退院になります。
避妊手術をすることにより、卵巣・子宮の腫瘍性疾患、子宮蓄膿症・子宮内膜炎などが発生しなくなります。
また、乳腺腫瘍の発生も2回目の発情前までに実施すると罹患率も低下するという事がわかっています。
(特に初回発情前に実施すると、より罹患率も低下します。)
ネコ
犬と同様に卵巣・子宮疾患に罹患しなくなります。
また、猫の乳腺腫瘍は、80~90%が悪性の乳腺癌で、避妊手術を実施するとその罹患率が下がると言うことが最近報告されています。
(避妊していない猫は避妊している猫の7倍乳腺腫瘍のリスクが高いと報告されています。)

去勢手術

生後5~6カ月齢以降から手術を受けられます。
日帰り手術となります。ただし、腹腔内陰睾丸は1泊2日となります。
完全予約制です。

去勢手術を実施することで、精巣腫瘍・精巣炎が発生しなくなり、それ以外にも前立腺肥大・会陰ヘルニア・肛門周囲腺腫などの病気の発生率も低下します。
去勢手術の流れ
①予約を入れていただきます。(手術実施曜日:月・火・水・金・土)
②(前日)夜ごはんは普通にあげていただいて結構です。
 ただ、22時以降残っているようなら下げてください。お水は置いておいていただいて結構です。
③(当日)朝ごはんは与えないでください。お水も8時頃になったら下げてください。
④10~11時に来院していただきお預かりいたします。
⑤血液検査(任意)を行います。
⑥12時頃手術開始。猫の去勢手術は15分位で終わります。犬の場合も30分くらいで終わります。
 陰睾丸の場合は避妊手術と同じくらいで1時間位かかります。
⑦ケージ内で麻酔から覚醒、夕方退院となります。
このページのトップへ戻る